忍者ブログ

BITE THE DUST

「おもしろき事もなき世におもしろく すみなすものは心なりけり」 by 高杉晋作

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ピストル

最近とてもライクな物があります。


それは


某オクにてジャンクG-SHOCKを送料込みで1戦以内で落札し、そいつを自分好みにカスタマイズすることw


やすければ500円ほどでゲット出来ちゃいますw


G-SHOCKって役に立つんですよね。


ひのきしん中とか仕事中とかw





勿論ジャンクなので動きませんが、こいつを治してやるのですw




そもそも腕時計は精密機械なので大変専門的技術が要ります。

勿論僕のような素人には出来ません。



機械式(手巻きや自動巻)つまりオートマチックの時計なんざとんでもないです。


しかしデジタルは意外とイケちゃったりするんですw



特に某オク出品のジャンク品というのは多くの場合がただの電池切れだったりするんです。

「電池切れなら替えれば?」と思うでしょうが、これが中々w



G-SHOCKは電池交換しようと裏蓋を開けた時点で防水の保証は皆無です。

勿論メーカーの保証もうけれません。

ですからホームセンターなどで交換を頼んでもやってくれません。

時計屋さんでもやってくれないとこありますw

ですから交換の場合、メーカーに送るのが一番なんですね。


けど


メーカー送りだと往復の送料+工賃。

自分で替えれば電池代のみたったの400円。百均電池なら100円で2つ買えちゃいますw

当然防水性はないですがw

まぁスキューバするわけでもないしねw




てなわけで自分で治してジャンクからいっちょまえに復活したGがこちら



g-s2.jpg




どうです?

意外とイケてませんw?



こいつは元々ベゼルは透明、バンドも透明のMR-Gというタイプがベースになってるイルクジモデルだったんですが、ベゼルの文字は剥げてるし、その透明ベゼル&バンドが変色し真っ黄色な状態…おまけに電池切れの動作未確認機w

そりゃもう見るも無惨な姿でしたw


でもそういうのを待ってたんですよw



そのカスタム手順なんですが

まずですねw



①こいつは裏蓋がスクリューバックなので「三点オープナー」なる工具で裏蓋を開けます。

②電池交換します。GはほどんどがCR2016という電池です。

③交換したらELバックライト・動作音・液晶文字の三つを動作確認します。このとき1つでも欠けたらACリセットをします。デジタルはほとんどがこのACリセットで復活するはず。多分…

④ダイロンという顔料を使ってベゼルを染色し、ポスカで文字に色入れて。

⑤完成!



慣れてくると結構な時間で出来ちゃいますw

染色にちと時間がかかるかも。





ほらほらw


カスタムGやりたくなってきたでしょうw


カスタムしてる人の中には、フロッグマンの中身を初代アナログマッドマンに入れ替えちゃうすごい人までいますw





どうです?


世界に1つのG。


あなたも造ってみませんか?w










PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[10/18 ここw]
[10/02 ここw]
[10/02 ここw]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
koo
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析

<<My band  | HOME |  ボーイズ・オン・ザ・ラン>>
Copyright ©  -- BITE THE DUST --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ