忍者ブログ

BITE THE DUST

「おもしろき事もなき世におもしろく すみなすものは心なりけり」 by 高杉晋作

   
カテゴリー「koo's BIZARRE ADVENTURE Part2」の記事一覧

California Dreamin'

先日の記事で koo's BIZARRE ADVENTURE Part2 は終了です。

今思い出しても本当に充実した1週間でした。

動画撮影のおかげで、細かい所まで思い出して書けましたしw


何回も言うてますが、これからも渡米は続けて行きます。

ボクらの何代下になるかわかりませんが、ボクらがジジイになっても続いていていることを願います。

そして送り出す側になるボクらは、そんな後輩達を気持ちよく送り出してあげたいです。


続けるということはとても難しい事です。

ボクの場合は、hiroさんと旧友だったことや父の影響から、すんなり「渡米」が入ってきましたが、他の人たちはそうはいかないと思います。

でも、初めてで興味がなかった人もこうやって実際に行ってみると、全てがひっくり返るように印象も変わり、思いも共有出来ます。

だから止めるわけにはいかないのです。

1人でも多くお連れして行き続けるしかないんです。

それが1番続いていくことに近道なんではないでしょうか。


年齢制限がある中で、ボクが渡米出来るのはあと何回だろうか。

2回?イヤもしかしたらもっと少ないかもしれません。

でも、行ける限り行き続け、後輩達に理解していってもらいたいと思います。


今回の渡米の際に撮影してきた動画は、1本にまとめ、先輩方・リーダー層にはお配りしたいと思っています。

これ以上ないくらい満足度は高いので、喜んで貰えると思っています。



もう、「海外旅行やw」なんて言わせねぇぜ!

コノヤローwww

何が海外旅行じゃ!おのれも1度行ってこい!

それからモノを言えッ!!!!


20091281400008.jpg















wwwwwwww



てなわけで、次から当ブログも通常更新に戻ります。

今後ともどうぞよろしくです。






バーイ。


(´∀`*)ノシ






PR

2月9日(木)

2月9日(木)のBGM ↓





いよいよ帰国の日。

MOV_0091.mp4_000024843.jpg




時間どおりに起床し、朝のつとめを終え、サクラレンタカーへ向けクルマを走らせる。

まるで夕焼けの様に見えるが、綺麗な朝焼けである。

MOV_0092.mp4_000003702.jpg




このカリフォルニア・ブルーもしばらくの間見納めだ。


サクラまでの途中、高級住宅街「ビバリーヒルズ」を通る。

MOV_0092.mp4_000212045.jpg





MOV_0092.mp4_000252239.jpg




この静けさと、平和な空気に、「昨夜の体験は一体…」と、とても隣町とは思えない事を、逆に違和感に感じてしまった。

モーテル周辺とのあまりのギャップに、一同失笑してしまう。

本当に大違い。



モーテルから20分ほどで、サクラレンタカーへ着いた。

MOV_0094.mp4_000057328.jpg





MOV_0094.mp4_000069010.jpg




いつ来てもアットホームなこのお店は、「いつまでも変わらないでほしい」と本気で思った。

0094.jpg






年齢不詳のキレイなお姉さん ↑ もいつまでもそのままでいて欲しいものである。

がらりんさん曰く「このネェちゃん10年前もいたよなぁ…」とのことだから、本気で年齢不詳w

でもお美しい方ですw

サクラのスタッフさん方にお礼を言い、いよいよLAXへ。

MOV_0095.mp4_000032350.jpg




あとは我らが全日空の超安心フライトで日本へ帰るのみ。








最後の一服をしながら、一人一人の笑顔とコメントをもらい、カメラを切った。


「また必ず来ます」


初参加の2人がくれたコメント。

素直に嬉しい。


本当に充実した1週間だった。

1週間が1ヶ月にも感じられた。

日本での出発前は様々な葛藤や障害があったけど、最後までやりきれた事を心から感謝した。


吸い込まれそうなブルーの空に、しばらく会えないhiroさんやyoshiくんの顔が浮かぶ。

そしてフラッシュバックするこの1週間。


ちょっと泣きそうになりながら、タバコの火を消す。


「よっしゃ行きますか」

チェックインのため空港内に入る。


そっと振り向けば、そこには真っ青なカリフォルニア・ブルー。


「次は2年後だ」


2年前同様そう心に誓って、 Us BIZARRE ADVENTURE は終わった。






01bd87bc.jpg




















 

2月8日(水)

2月8日(水)のBGM ↓





いよいよ今日がラストDay。

最後の1日は、フルでフリーなショッピングDayに設定した。

今回はyoshiくんも同行してくれる。非常に頼もしい。


目指すはココ ↓

MOV_0073.mp4_000025853.jpg




「デザートヒルズ・プレミアム・アウトレット」

ボクとまるやさんは3回目になるが、yoshiくんの話だと、さらに拡張されてショップが増えたとの事。

確かに新しいウイングが出来、ショップ数も増えていた。


yoshiくんの運転で目的地を目指す。

MOV_0080.mp4_000006631.jpg




LAから目的地までは約2時間。

しかしyoshiくんの場合は、

「1時間半ってとこッスねw ナビどおりに行くと嵌りますw」

との事。

実際1時間半で着いた。さすが現地人。


着いてからは思い思いにお土産を買い、ショップを回りと充分楽しんだ。

しかし、予定時間をオーバーしてしまい、この後ハリウッドのチャイニーズシアターへ行く予定だったので、ちょっと焦り出す。


にも関わらず、日頃お世話になりまくってるこっこさんのお土産を買うために、最後のウォルマートへ。

MOV_0084.mp4_000009291.jpg





ここに来るまでに、フリーウェイ上から見た日没は、まさに「BRAND NEW SUNSET」だった。

そんな日没を見ていると、「明日にはアメリカを発たなくてはならない」という現実から、本気で逃げ出したくなった。

417a03da.jpg









結局、定番「メルズ・ドライブイン」で夕食を済ませた時の時間は、21:30分。

この時間帯はヤバイ。7年前の初渡米時がフラッシュバックする。

初日にhiroさんのお店に着いた時間よりも遅いのだから余計に恐怖する。

特に、ボクらが宿泊しているモーテルの前のストリートは「Sunset Street」というのだが、危険で有名らしく、その理由はボクらのモーテルから北へストリートを行くと、所謂「大人のお店」が密集しているから。

そうなると必然的に治安が悪くなる。

でもその場所の西側には高級住宅街「ビバリーヒルズ」があるのだから、アメリカとは不思議な国である。


yoshiくんも、

「さすがに22:00過ぎはヤバイです。自分の身は自分で守って下さい。」

との事。


しかし現役大学生のゆうくんは行きたくて行きたくてソワソワしている。

ボクも連れてってあげたいが安全を考えると…

決断の結果、「22:00前には必ず引き上げる」との約束の元、チャイニーズシアターに向け歩き出した。


「メルズからは歩いて5分弱。最低でも15分は見せてあげられる」

そう思い早足で歩いた。


しかし、近づくほどに増える人、人、人。

「何か異様に賑やかだな」と思ってたら、ボクらの目の前でポリスメンに飲酒検査させられている青年が。

真っ直ぐ歩けるか?を調べていたようだが、その周りには大勢のギャラリー。

みんなその青年を応援していた。


そんな中を抜け、また人、人、人。

MOV_0085.mp4_000019053.jpg




チャイニーズシアターにたどり着くも人で正面に回れないっていうかリムジンなどの高級車でストリートが封鎖されている。

一同「?」な状態で横から近づいてみると、シアター目の前にレッドカーペットが。

どうやら何かの映画の製作発表みたいのが開かれていたようだ。

横の隙間からシアターを覗く。

MOV_0085.mp4_000294049.jpg




「はっ」となり時計を確認。

時間は21:45分になっていた。

「時間やで。行くよ。22:00過ぎてまう。」

張り付いて見たそうにしているゆうくんに声を掛け、早足で歩き出す。

この時、yoshiくんが現在時刻を聞いた瞬間の顔をハッキリ覚えている。

超目が真剣だった。

そりゃそうだ。最後にきて何かトラブルに巻き込まれ、最悪命を落とすような事になってしまったら、後悔してもしきれない。

償いようがない。


早足で歩きがら、ボクは動画を撮影し続けた。

MOV_0086.mp4_000013095.jpg




この緊張感、危うさを少しでも次アメリカへ来る人たちにも知って欲しかったから。

前回来ていたときに、こういう動画を撮っていれば、ゆうくんも雰囲気がわかり、まぁこの後ボクに怒られるのだが、こうやって怒られる事も無かっただろう。


ゆっくり見たいのは解るし、夜のハリウッドを歩きたいのも解る。

でも、ボクやまるやさんは安全を保証する義務があるし、お連れしている以上、無事に五体満足で日本へ帰らせるのが、何よりのお土産であり成果だと思っている。

そこは、彼にも解ってほしかった。

1本道を曲がればこの変わりようである。

MOV_0087.mp4_000016293.jpg




とても1人で歩かす事は出来ない。

まぁ結果、理解してくれたので良かったが。



その後、無事モーテルへ着き、yoshiくんを送って「楽しくもデンジャラスでスリリング」な長い1日は終わった。

明日はいよいよ帰国。


ボクとマサさんは、2:00過ぎまで語り合った。

名残惜しくてしょうがなかった。



今夜はお湯のシャワーが浴びれそうだ。

最後まで「滝行」じゃなくて良かった。








カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[10/18 ここw]
[10/02 ここw]
[10/02 ここw]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
koo
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析

 | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- BITE THE DUST --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ