忍者ブログ

BITE THE DUST

「おもしろき事もなき世におもしろく すみなすものは心なりけり」 by 高杉晋作

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


JAPANESE GIRL

4月2日。


長々とした入国審査を終え後ろを振り向く。



先にYパルが出て待っている方向へ僕も続く。


マジローが続く。







何故かまるやさんだけはじかれる。



爆笑。



僕だけですがw






結局原因は解らなかったのだが、まぁ多分ゲートにいた黒人さんの気分だろう。



まるやさんがハジかれているにも関わらず進む。



「いいんですか?まだ来ませんよ」とマジロー。




たまに後ろを振り返るも、進む。






この時は本気で置い ていこうと思ったw


だってそれまでが長すぎたんやもんw



ごめんなさいw






LAXを出るとそこは5年前に見た景色が変わらず広がる。



「とりあえず」


と灰皿を見つけ一服。




その間今回もお世話になるサクラレンタカーへtel。


そうこうしてる間にお迎えが来る。


前回はリンカーンだったが、今回はフォードE-350 だった。





レンタ屋で手続きを終え、乗り込んだ今回の車は、「シボレーHHR」。


2.2Lのいかにもアメリカンな車。





9cafac34.jpg











日本では三井物産が輸入販売している。


他に2.4Lもあるらしい。








この車が思ったよりも良く走る。んで普通サイズのスーツケースなら5個は楽に積める。





ん~


素敵やんw







今回はナビゲーションシステムを導入してのドライブだった。


コレにはちょっとわけがあって、前回ドライバーとナビゲーターとがそれぞれ車内に居たのだが、これが日数が経ってくると、自然と二人の仲が険悪になってくるのである。



それはなぜか?



「ただ疲れてくるから」。

うん。それもあるでしょう。



「言葉つうじないから」。

うん。それもあるでしょう。




でもね。


そんなんじゃないのよw


それは5年前に僕がL1さんに連れてってもらってたから、今になって解ることで、うまく文章では伝えられません。

文章だと変に誤解されたりするからねw




L1さん。この前も直接言いましたが、5年前、連れてってくれてありがとうございました。

勉強になりました。





さて、そのナビですがTOMTOMとか言う聞いたこと無いところのナビやったんですが、コイツが非常に優秀でした。

そのおかげで、スムーズに予定通りの時間に着けそうです。


今回もRoute5を使ってサンノゼへ向かいます。

後で知ったんですがRoute101。通称「ワン・オー・ワン」で行くと海岸沿い走れるみたいです。


でも今回はいかに早くサンノゼへ着くかが一番。


だって街頭もない山岳地帯を夜に走りたくないものw



ロスからサンノゼまでは約350マイル。キロにすると約560キロってとこですかね?

間違えてたらごめんなさいw






ひたすら真っ直ぐな道を走り続ける。




1659ab34.jpg










途中何回かRestroomに寄った。



何マイル運転したかな?


よく覚えてないがずっと運転してた気がする。




21:30ころ。


フリーウェイを降り、kingstを真っ直ぐ行く。

右手にGSが見えたらそこを右折。

一本目を左折してまたすぐ左折。

そこを真っ直ぐ行くと目的地「サンノゼ講社」に到着した。



すこし手前をナビは目的地と指していたので、しばらくそこに路駐して、hiroさんにtelして詳細を聞ていたのだが。




その時




「ちょっと降りてみます」とマジロー。




コイツはアホか?



本気で思ったのと同時に少しあきれた。



ここは決して安全な地域とは言えない。


それは合流したhiroさんも言っていた。


特別危険なわけでもないが、出来ることなら夜は歩かないほうが良い。

ましてやこちらはレンタカーで来てるイタイ日本人。


危険な方々からすれば、まさにイイカモ。



危険察知能力が無いのかokiの血なのか…。


とにかくあきれた。


今改めて思い出してみてもあきれる。







5年降りにあったhiroさんは、疲れているのか、心なしか元気が無いように見えた。



「来てよかったのかな?」



本気でそう考えてしまったのだが、僕がこの時感じたインスピレーションは、僕らがサンノゼを経つ最後の日に理由がわかる。


この時は、まだ解らなかった。



でもそれが



後に会うakioさんや、アメリカセンターについて、僕なりの答えを導き出す1つのキッカケになった。







スリーピングバックを買いにhiroさんとWAL-MARTへ行き、晩ご飯を買い、講社の冷蔵庫を運び込み、サンノゼ講社鎮座祭をつとめた。







僕は5年前に、ここサンノゼに来れていたことを心から感謝する。


あの時に見た小さな部屋の小さなお社は、今こんなにも輝いて見える。



あの苦労があってこそだ。







何とも言いようがない感覚を残し、テラスでコロナ片手にタバコを一服。


ほろ酔いの火照った顔に心地よい風が吹く。




長い一日が終わった。











PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

前後しますが、

爆笑族ですな。
http://blog-imgs-38.fc2.com/k/o/k/kokko88/img_1439623_62642308_1.jpg

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[10/18 ここw]
[10/02 ここw]
[10/02 ここw]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
koo
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析

<<Believe  | HOME |  おどるポンポコリン>>
Copyright ©  -- BITE THE DUST --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ